アラフォー妊婦の美容&ダイエット日記

41歳妊婦が将来少しでもキレイになれるように、いろいろやってみた

人工授精で妊娠せず、卵管造影を受ける

 

平成28年7月に人工授精をうけましたが、妊娠不成立。。。

 

あと2か月で41歳になりかけていたわたし。

 

卵管造影をすると妊娠しやすいと聞いたことがあったので、

卵管造影を受けたい、と先生に申し出てみました。

 

わたしの実家は田舎なので、卵管造影は大学病院でしかやってなく、

ここでも大学病院だとか紹介されるんだろうな、と思っていたら、

先生の病院で卵管造影できるとのこと。

 

V(゜▽゜)Vさすが都会!大学病院まで行かなくていいんだ~っ(感動)

 

そうして平成28年8月に卵管造影を受けることになりました。

 

卵管造影、痛い人はとことん痛いと聞いていたのでビビっていたけど、

わたしはほとんど痛みを感じず、少し下腹部がズ~ンとしただけでした。

 

 

 

結果は。。。

 

 

 

右卵管閉塞。。。!造影剤が全く通りませんでした。。。(゜△゜)

卵管閉塞の原因

・性病など感染によるもの

・炎症によるもの

・腹部主手術の後の癒着など

 

せ、性病。。。

それには覚えがないし、おなかの手術もしたことがない

卵管閉塞の原因はわからず。

 

先生に卵管の閉塞を通す処置をしてほしい、とお願いすると、

うちではやっていないので自分で病院を探してください、と言われてしまいました。

 

引っ越してきたところはやや都会だったので、大きな病院ならきっとどこかで

卵管を貫通させる処置をやっているだろう、と安易に考えていたら、

 

どこの病院に電話しても、その処置はやっていませんという回答ばかり。

 

また、どちらかの卵管が開通していれば、

例えば右の卵管が閉塞していても、右の卵巣から排卵したおタマゴさんを、

左の卵管采が(手を伸ばして)キャッチすることもあるとのことで、

両方の卵管が閉塞していなければ経過を見る場合が多い、とも言われました。

 

最終的には関西の某病院なら卵管を開通する処置をしていますよ、

電話してみてはどうですか?との回答。。。

 

か。。。関西!?。。。遠っ。。。!!

 

ネットで調べてみたら、卵管造影の時に緊張すると

卵管がけいれんして造影剤が通らないこともある、と書かれていました。

 

そうだ、きっとそうなんだ!と自分に言い聞かせてみたり。。。

 

皮肉にも、8月は右卵巣でおタマゴさんが大きく育ってしまいました。。。(*△*)

 

おそらくこのおタマゴさんは右の卵管を通れずに

さまよって消えてしまうんだろうな..。。。

そう思うと、なんで女は月に1回しか排卵しないんだー!?って

やりきれない気持ちになりまし(><)

 

そしてその次の月も、右の卵巣のおタマゴさんが大きく成長してしまいました。。。